RENブロ

聖地巡礼や飲食店に行ったことなどを書いています。

カラフルスポット~新宿御苑の紅葉~

スポンサーリンク

今週のお題「紅葉」より。

新宿御苑は、ビルも人も車もたくさんな新宿の街のすぐそばにある。
都会の真っ只中にあるとは思えないような、自然豊かな景色が広がる。

俺にとって身近な紅葉スポットなので、シーズンになると写真を撮りによく足を運ぶ所でもある。
今回は今まで撮り溜めていた写真から、抜粋したものを貼り付けしながら書いていく。


f:id:RENSTA:20181114095805j:plain
御苑は広くてその表情も様々。
森林のような鬱蒼とした場所もあれば、芝生が広がり空が視界いっぱいに入る場所もある。
故に紅葉も様々な表情を見て楽しむことができる。


f:id:RENSTA:20181114095630j:plain
紅葉シーズンになると大勢の人たちでにぎわう。
赤や黄色の葉っぱがたくさん広がっている木があれば、大抵はたくさんの人たちが紅葉らしい写真を撮りに集まる。


f:id:RENSTA:20181114095739j:plain
f:id:RENSTA:20181114095714j:plain
はっきりとした赤や黄色に色付いたもみじの葉っぱを見ることができる。
着物や扇子、障子とかの和柄にありそうな。


f:id:RENSTA:20181114095751j:plain
水辺に浮かんで見える紅葉も味わい深い。
御苑には池が何箇所かあり、その水辺に向かって突き出している木もあるので、こういった写真も撮って楽しめる。


f:id:RENSTA:20181114085046j:plain
木々に覆われた暗がりの中で、太陽光を浴びた葉っぱがぼーっと光って見えることがある。
まるで赤や黄色や緑色のランプがついて照らされているような。
神秘的な光景に見えて、個人的に好きな場所でもある。


f:id:RENSTA:20181114085111j:plain
楓の並木。背の高い木が並んで奥行きのある風景が見られる。
奥に人工的な建物が顔を覗かせてくるのが新宿御苑らしいとも言える。


f:id:RENSTA:20181114085125j:plain
天気が良ければ、目一杯の青空と水辺と紅葉というカラフルな景色を見ることもできる。

自然豊かな場所は日本中にたくさんあるのだけれども、賑やかな街の新宿でもこういった自然の景色が楽しめるのは、今でもすごいなと思う。
また、園内は基本的に舗装された道や平坦な芝生が続いているので、気軽にふらっと散歩するつもりで紅葉の景色を見に行くことができる。



新宿御苑の年間パスポートの発行の仕方についてまとめた記事もある。
何度も足を運ぶことがあるならば、年パスの発行を検討してみては。
www.renstablog.net



新宿御苑のアクセス
〒160-0014 東京都新宿区内藤町11

[新宿門]
JR線『新宿駅』東南口改札または甲州街道改札から徒歩12分
東京メトロ丸ノ内線『新宿三丁目駅』A1出口から徒歩10分
東京メトロ副都心線『新宿三丁目駅』E5出口から徒歩8分
都営地下鉄新宿線『新宿三丁目駅』C1出口またはC5出口から徒歩8分

[千駄ヶ谷門]
JR線『千駄ヶ谷駅』から徒歩6分
都営地下鉄大江戸線『国立競技場駅』から徒歩7分

[大木戸門]
東京メトロ丸ノ内線『新宿御苑前駅』2番出口から徒歩5分

・開園時間
10/1~3/14 開園9:00~16:00 閉園16:30
3/15~9/30 開園9:00~17:30 閉園18:00
7/1~8/20 開園9:00~18:30 閉園19:00

・休園日
月曜日(月曜日が休日の場合は、翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)

・入園料
一般500円
学生250円(高校生以上、学生証の提示が必要)