RENブロ

聖地巡礼や飲食店に行ったことなどを書いています。

セブンイレブンの豚ラーメン(中華蕎麦 とみ田監修)を食べてみた!

スポンサーリンク

コンビニで売っているラーメンを食べたという話。

3月15日のこと。

 

いつも美味しそうだな~と思ってよく眺めているコンビニのラーメン。

でもどうせお金を掛けてラーメン食べるなら、やっぱりお店で食べたいよな~。と、つい考えては結局その場を後にすることを繰り返している。

 

が、今回は素通りをしないで手が伸びたラーメンがあった。

 

セブンイレブンで売っている『豚ラーメン』である。 

 

 

f:id:RENSTA:20190318202258j:plain

気になって買ってきた。 

価格は税込み550円。

 

ネットのニュースでこの商品が紹介されていたのを見て初めてその存在を知り、ずっと気になっていた。

 

極太の麺に肉厚のチャーシュー、ぎっしり詰まったもやし、そしてにんにく。

他に売られているラーメンと比べるとボリューム感が群を抜いていて、明らかに異彩を放っているように思えた。

極太麺に野菜増しでにんにくってラーメン二郎みたいだなと思ったけれど、『とみ田』というラーメン屋さんが監修した商品であった。

味は豚骨醤油味。

  

 

f:id:RENSTA:20190318202259j:plain

電子レンジで温めて出来上がり。

調理方法はシンプルで、買った商品をそのまま電子レンジに放り込むだけでよい。

コンビニの店員さんが温めてくれる時にも、その方が楽でいいよな。

温める時間は500Wで7分20秒。1500Wで2分20秒。

 

f:id:RENSTA:20190318202302j:plain

極太麺が顔を覗かせている。 

チャーシューの厚みとテカり具合もいいな。

なんだか食べ応えがありそうだぞ。

 

f:id:RENSTA:20190318202306j:plain

いよいよ食べる。

麺が太い。うどんかというくらいに太い。

食感はほどほどにコシがあってもちもちしている。

麺が太いからよ~く噛んで食べることになる。

よく噛むからラーメンを食べているんだという感覚がどんどん刺激される。

口の中にこれでもかというくらい麺の食感と香りが広がって、食べ応えはあるなあという感じ。

 

スープの味は豚骨醤油味とのことだが、しょうゆ味の甘みがよく出ていてまろやかな印象。豚骨臭さはあまりない。

 

にんにくの味は控えめで、香り付け程度。

にんにく臭くて家族に怒られることはなかった。

 

麺と野菜、スープが合わさってその美味しさが成り立っているラーメンなのかなという感じだった。

故にスープだけ飲むと脂っこくてしょっぱい。飲み干すのはちと厳しい。

極太麺にもしっかり味が絡んでくれるように、スープは濃いめに作られているのだろう。

 

総評としては、今までのコンビニラーメンでは味わえなかったボリューム感と食べ応えのあるラーメンだったと言える。

お店で出されるラーメンの方がもちろん量はあるし、味のインパクトも強いけどね。

 

ラーメン屋さんにわざわざ足を運ぶほどではないんだけれど、何かがっつりとした刺激が欲しいな~という時には、ほどほどに満たされるラーメンだと思う。

 

ネットのニュースで見た時は入手困難のように書かれていたけれど、近所のセブンイレブンにはいつも5~6個並んでいるのを見掛ける。

今は在庫が安定していて、入手はしやすくなってきているんじゃないかと思う。