RENブロ

飲食店や散歩に行った時のことを書いていきます。

『君の名は。』聖地巡礼。須賀神社の階段と四ツ谷駅周辺をまとめてみた。

スポンサーリンク

君の名は。』の聖地巡礼をした時の写真をまとめる。

劇中には都内の様々な場所が登場しているけれど、その中でもすっかり聖地として馴染み深い場所になった須賀神社の階段と、四ツ谷駅周辺に焦点を当てていく。

 

この記事では、『君の名は。』を既に見たことがある人が読むという前提で、ストーリーのことも絡めて書いていく。

劇中では"入れ替わり"の要素があるので、キャラクターの名前で瀧(三葉)と表記している場合は、入れ替わっている状態を表すものとする。

 

新海誠さんが監督を務めたアニメーション映画『君の名は。』が公開されたのは2016年8月のこと。

日本のみならず海外も含めて大ヒットとなった映画は、公開から2年半が経過している現在も、聖地とされる場所へ訪れる人たちが絶えることはない。その影響力はまだまだ健在だ。

 

2019年7月19日(金)には新作の『天気の子』が全国の映画館で公開された。

君の名は。』に続き、またまた旋風を巻き起こすのだろうかと期待が膨らむ。

 

尚、『天気の子』の予告編映像から都内の様々な場所がロケ地となっていることが判明している。

こちらも記事としてまとめているので、この作品のロケ地も興味があるようであれば、参考までに。 

www.renstablog.net

 

須賀神社入口の階段

f:id:RENSTA:20190323162400j:plain

映画のラストシーンやキービジュアルの背景として描かれた、あの“赤い手すりの階段”は、四ツ谷須賀神社のことである。

君の名は。』の聖地を代表する場所となっており、2019年に入ってからも、撮影のために訪れる人たちがいる。

 

階段を上ってからの見晴らしは良い。

眺めていていいなと思うのは、階段の向こう側にある上り坂になっている道路だ。

上り坂の角度が不思議な奥行きのある空間を生み出している。

新海さんはもしかしてこの奥行きのある空間を気に入って、作品の象徴的な部分で使ったのかなと、いつもこの景色を見る度に思う。

 

f:id:RENSTA:20190414213015j:plain

こちらは2019年3月31日現在の様子。

今でもこうして劇中と同じようなアングルで写真を撮りに来る人たちがいる。

海外から足を運んできた人たちもよく見掛けることがあり、すっかり観光スポットとして定着してきているようだ。

 

ちなみに階段の周辺は民家が並んでおり、近隣に住む人たちの行き来にも使われている。この階段を降りると四ツ谷駅へ行ける他、スーパーやコンビニ等の商店へ向かうことができるので、生活上でも必要な階段になっていると思われる。

撮影する際は通行の妨げにならないよう、節度を持って行なってほしい。

 

須賀神社四ツ谷駅から徒歩で10分ほどの所にある。

Googleマップで調べると、階段は『須賀神社男坂』という名称であることが確認できる。 この場所をクリックすると、階段を撮影した写真が何枚もアップされている。

 

f:id:RENSTA:20190323162237j:plain

須賀神社の階段を降りた場所から。

こちらも映画のラストにて。瀧と三葉がお互いを探して走って回り、とうとう二人が顔を合わせた場面で登場する。

階段の上に三葉が、階段の下には瀧がいるという構図。

 

f:id:RENSTA:20190323165621j:plain

同じく須賀神社の階段。

こちらはラストではなく、高校生の三葉が瀧を探しに東京を訪れた際の、階段を上がっていくシーンで描かれていた。

三葉は高校生の時にも須賀神社を訪れていたのだった。

 

須賀神社の階段手前にある交差点

f:id:RENSTA:20190323162340j:plain

登場したのはラストシーン。映像では三葉が手前側にある東福院坂を走って上っていく。

角度のある上り坂なので、実際に走って上ろうとするとかなりきつい。

 

法蔵寺前の分かれ道

f:id:RENSTA:20190323162301j:plain

ラストに出てくる。映像では、瀧が左側の分かれ道へ走っていき、その後に須賀神社の階段が出てくるシーンへと繋がる。

実際に瀧が走っていった左側の道へ進んで行くと、須賀神社の階段下付近に辿り着けるようになっている。

 

f:id:RENSTA:20190323162312j:plain

法蔵寺前分かれ道の境目に設置されているポスト。

ラストの展開で止め絵が何枚も続けて出るシーンに登場。1カットのみの登場だったが、ここでも実在する物が描かれていた。

 

四谷小学校前の通り

f:id:RENSTA:20190323162321j:plain

四谷小学校前の通り沿いにある道路標識。

こちらもラストの展開で、止め絵が続けて出たうちの1カットに登場。

 

瀧の自宅付近の場面に出てきた道

f:id:RENSTA:20190323162239j:plain

須賀神社四ツ谷駅の中間ぐらいにある住宅街の道。

瀧が奥寺先輩とデートへ行くことになった場面で、瀧が急いで自宅を出た直後、この道の奥側へ向かって走っていく。

 

f:id:RENSTA:20190323162212j:plain

住宅街の道を奥へ進んでいくと、ガードレールのある道へ出る。

瀧(三葉)が登校する場面や、奥寺先輩とのデートの待ち合わせへ向かう場面で登場する。

映像ではガードレールのみが描かれていて金網は存在しない。

実際の場所とは様子が違って見えるが、奥に並んでいるビルが手がかりとなっていて、この場所だと特定することができる。

 

朝日橋の上から

f:id:RENSTA:20190323162223j:plain

瀧の自宅付近として出てきたガードレールの道のすぐ先は、朝日橋という陸橋へと繋がっている。

この陸橋の下を中央線と総武線が通っている。

劇中では、三葉が瀧を探すために東京へやってきた場面で登場する。

総武線の中で三葉と瀧が出会った際、総武線四ツ谷駅方面のトンネルへ進入する様子が描かれていた。

 

四ツ谷駅赤坂口前

f:id:RENSTA:20190323162350j:plain

瀧が奥寺先輩とデートのため待ち合わせをする場面に登場する。自宅からずっと走ってきた瀧が、右手側の壁の前で息を切らせている様子が描かれていた。

四ツ谷駅は入口が3箇所あり、劇中にはそのうちの1箇所である赤坂口が登場している。この階段を上がっていくと赤坂口へ向かうようになっている。

 

瀧の自宅付近として出てきた道から、ガードレールの道、朝日橋と、実際に歩いてみるとこの四ツ谷駅へ繋がっていくことが分かった。

ここまでの道を行き来して学校へ行ったりデートの待ち合わせに向かっていたんだなあと、キャラクターの足跡を追体験しているみたいで面白い。

 

f:id:RENSTA:20190323162346j:plain

四ツ谷駅の赤坂口を出てすぐの駅前歩道。

瀧が奥寺先輩とデートのため合流したシーンに登場する。 

他に、劇中の終盤で再び奥寺先輩と待ち合わせした際にもこの場所が登場した。

 

f:id:RENSTA:20190323162326j:plain

同じく四ツ谷駅赤坂口の駅前歩道。奥側は新宿通り。

瀧が奥寺先輩の姿をボーっと眺めるシーンに出てくる。

 

f:id:RENSTA:20190323162331j:plain

こちらは奥寺先輩側を映している場面に登場。奥側が四ツ谷駅の赤坂口。

奥寺先輩のファッションが大人っぽくてオシャレ。

こんな人とこれからデートするってのかい!?と、観ているこっちもドキドキしていたのを覚えている。

 

f:id:RENSTA:20190323162200j:plain四ツ谷駅赤坂口の広場。

劇中でRADWINPSの『前前前世』が流れている最中に出てきた映像として、記憶に残っている人もいるのでは。

曲が流れながら、瀧(三葉)がスマホを片手に行き先に迷っているようなシーンで出てくる。劇中では四ツ谷駅の駅舎の他に、左奥にある上智大学の建物までそのまま背景として描かれていた。

 

f:id:RENSTA:20190323162249j:plain
引き続き四ツ谷駅

JRのホームの屋根と駅舎があり、奥には高層ビル群が見える。

劇中ではラストで瀧と三葉がお互いを探しに走っているシーンにて、連続して止め絵が挿入されたうちの1カットに登場する。また、RADWINPSの『スパークル(original ver.)』のMVでも使われている。

場所は四ツ谷駅の赤坂口を出てすぐの新宿通りにある、線路を跨ぐ陸橋の上から撮影することができる。

 

 

君の名は。』の聖地は須賀神社入口の階段が代表的で、今でも写真を撮りに来る人たちが行き交う。

そこからさらに掘り下げてみると、四ツ谷駅周辺だけでも結構な数の撮影スポットがあることがわかる。

四ツ谷駅周辺や須賀神社は都心の中でも閑静で落ち着いている場所なので、ゆったり散歩をするような気分で『君の名は。』の足跡を辿ることができるだろう。

 

聖地巡礼の傍らで見つけた飲食店

聖地巡礼をしていると、美味しいお店に巡り合うのもまた楽しみだったりする。特に四ツ谷駅近辺は美味しいランチをやっているお店や居酒屋さんが色々あるみたいだ。

www.renstablog.net

www.renstablog.net

 

スポンサーリンク