RENブロ

飲食店や散歩に行った時のことを書いていきます。

美味しいつけ麺食べるなら。池袋『俺の空』の浸け豚そば

スポンサーリンク

今回は池袋でつけ麺を食べてきたという話。

4月13日土曜日のこと。良く晴れた日だった。

 

1人で池袋を歩いて回る俺は、お昼に何を食べようか思案する。

「俺は腹が減って仕方ないんだ・・・」

 

土曜日の日中の池袋はどこへ行っても人だらけ。

飲食店は混んでてすぐに入れないこともしばしば。ゆったりしたテーブル席の並ぶファミリー向けのお店なんぞはすぐに席が埋まる。

 

ここは1人客が多く集まるお店の方が入りやすいかなと考えて、ラーメン屋さんへ行ってみることを思い立つ。

 

f:id:RENSTA:20190415203732j:plain

俺の空』と言うラーメン専門店へ入ることにした。

もう5年以上は通い続けているのではないだろうか。池袋で麺類が食べたくなった時には、よくこのお店がぱっと思いついて食べに行っていたものだ。

 

お店に入ったのは11時30分前。お昼のピーク前の時間帯ということもあってか、お店に入ったらすぐに席を案内してもらえた。

 

f:id:RENSTA:20190415203737j:plain

今回はつけ麺を注文。俺の空では『浸け豚そば』という名前で出している。値段は830円(税込)。

お店に入ったらまずは食券を買い、店員さんに座る場所を案内されて、着席時に食券を渡して注文する。

つけ麺の場合は麺の量が並盛か大盛か、どちらにするかを聞かれる。

どちらの量にしても値段は変わらないので、俺は決まって大盛を注文する。

 

ちなみにメニューは他に、ラーメンに相当する『掛け豚そば』、油そばに相当する『和え豚そば』というのも出している。

 

f:id:RENSTA:20190415203723j:plain

大盛にしてもらった麺。

男性ならば普通にお腹が空いてさえいれば、基本的に大盛にしてもらった方が丁度いい分量になると思う。

俺の空の麺は、四角い中太麺が使われている。麺のツヤがいい。

食べてみると程よくコシの効いた歯応えと、ツルっとしていて喉越しのいい食感が楽しめる。鼻に通る麺の香りも良い。

 

f:id:RENSTA:20190415203720j:plain
こちらがつけ汁。

豚骨醤油ベースの味。

具は刻んだチャーシュー、長ねぎ、玉ねぎが入っている。

豚骨の出汁の効いた香りがいい。

かといって豚骨独特の臭みがあるわけではなく、醤油味が組み合わさってバランスのとれた素直ないい香りだ。

 

麺を浸けて食べると、こってりとした濃厚な味わいが麺によく絡んでくる。

濃厚ではあるけれど、刻み玉ねぎの甘みのおかげで脂っこさやしつこさが中和されるので、全体的にまろやかな味わいとなっている。

なので、食べやすくてスルスルといける。

 

もう何度も食べたことのある味だけれど、喉越しのいい食感の麺と、玉ねぎの甘みが効いた豚骨醤油のつけ汁による見事な連携プレーに、やっぱり魅了されたのだった。

池袋で何か麺類をとなったら、このお店をオススメする。

 

席はカウンター席のみなので、1人もしくは2~3人程度のグループ向け。

12時台のお昼時は順番待ちの列が出来ている可能性が高い。

もし順番待ちになっても、店内には順番待ち用の椅子の並んだスペースがあるので、外の環境の影響を受けずに待ちやすい構造となっている。

 

池袋『俺の空』 

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目31−7 東池袋原ビル 1階

定休日:無し

営業時間:11:00~22:30

最寄駅:池袋駅

池袋駅東口から徒歩5分

 

スポンサーリンク