RENブロ

聖地巡礼や飲食店に行ったことなどを書いています。

ガスト新橋店で一人用のボックス席を利用してみた。店内の様子・混雑状況・感想。

スポンサーリンク

ガスト新橋店で一人用のボックス席が設置されていることを知ったので、実際に店舗へ足を運んで利用してみた。

 

2019年6月25日(月)のこと。

 

 

ガスト新橋店の情報

・営業時間

[月~日]6:00~23:30

・全席禁煙

・無料のWi-Fiあり(接続回数と時間に制限あり)

・全席電源あり

参照URL:すかいらーくグループ|ガスト新橋店

https://store-info.skylark.co.jp/gusto/map/018730

ガスト新橋店へのアクセス

・アクセス

住所:〒105-0004 東京都港区新橋3丁目5−2

『新橋駅』

JR線:烏森口から徒歩6分

東京メトロ銀座線:8番出口から徒歩7分

都営地下鉄浅草線:JR線烏森口から徒歩6分

ゆりかもめ:西口改札から徒歩8分

『内幸町駅』

都営地下鉄三田線:A1出口から徒歩5分

ガスト新橋店の外観

f:id:RENSTA:20190626110254j:plain

店舗は2階にあり、「ホテルユニゾ新橋」というビジネスホテルの中に併設されている。

ホテルの建物内に入り込んだ構造であるためか、看板や表示の大きさが控えめで、ひっそりとした印象。

 

f:id:RENSTA:20190626110244j:plain

ガストに通じる階段付近には「全席コンセントあります」という表示が。 

一人用のボックス席にもし座れなかったとしても、少なくとも電源は確保することができるようだ。それができるのならば良し。

 

階段を上がって、お店に入ってみることに。

新橋のガストはこの日が初来店。

そしてファミレスに一人で入るのは、やはりちょっと勇気が要る。

 

店内の様子、一人用のボックス席、二人用のテーブル席の設備

お店に入ると店員さんがすぐ来てくれた。

「一人です」ということを伝えると、店員さんはスムーズに一人席のある区画に案内してくれた。

 

f:id:RENSTA:20190626110219j:plain

仕切りの付いた一人用のボックス席がずらりと並んでいる。

席はガラガラだったので、目的だったボックス席を問題なく利用ができるようだ。

入店したのは午前10:30頃。

 

座る場所については店員さんから「お好きなお席へどうぞ」と案内された。

空いている時は、選んで座れるようだ。

  

f:id:RENSTA:20190626110220j:plain

ボックス席から通路を挟んだすぐ横には、両サイドに仕切りの付いた席も並んでいた。

 

一人用の席はまとまった数が配置されているようだ。

ガスト新橋店は、一人で来店するお客さんをどんどん受け入れる体制にしていることが窺える。

 

ざっと見た限りでは、お店の半分ほどを一人用の席が占めていたと思う。

残りの半分は、2人~4人掛けのテーブル席が並んでいて、複数人での飲食もできるようになっている。 

 

f:id:RENSTA:20191002211745j:plain

ニ人用のテーブル席。

一人用の席と違って仕切りはなく、テーブルと椅子の並ぶオープンな形。

荷物を入れるカゴが設置されているのはありがたい。

壁にはコンセントも設置されている。

 

f:id:RENSTA:20191002212352j:plain

二人用の席ということもあってか、コンセントの差込口は2つ用意されている。

 

 

f:id:RENSTA:20190626110213j:plain

店員さんからお好きな席へどうぞと案内があったので、ボックス席を選んで座ってみることにした。

仕切りで囲まれて個室みたいになっていて、居心地が良さそうだ。

 

f:id:RENSTA:20191002211643j:plain

テーブルの下には荷物を置ける棚がある。

 

f:id:RENSTA:20191006135512j:plain

通路側にある仕切り板には、フックが設置されている。

ここにカバンなどの荷物を引っ掛けておくことができる。

雨の日には傘を掛けておくこともできるので便利。

 

f:id:RENSTA:20190626110111j:plain

座ってみると、仕切りは自分の目線よりも上の高さになるので、他のお客さんの姿は見えないようになっている。

 

テーブルの正面には、メニュー表やカトラリーケース、呼び出しボタンなど、ファミレスでもお馴染みの備品が揃えられている。

これらが棚の上に置いてあるおかげで、テーブルの奥側のスペースがある程度確保されているのが嬉しいところ。

 

足元に関しても、ある程度足を前に出せるぐらいのスペースがある。

狭苦しさはあまり感じなかった。

 

メニューを注文するため、呼び出しボタンを押す。

店員さんは一人で来るお客さんの対応にすっかり慣れた様子に見えて、なんとなく安心感があった。

 

f:id:RENSTA:20190626110116j:plain

ボックス席に設置されているコンセント。

テーブルの正面にある仕切りの右側にあって、繋いで利用することができる。

 

フリーWi-Fiの接続方法の案内も、コンセントのすぐ近くに貼ってあった。

すかいらーくグループのフリーWi-Fiを利用できる。

1回の接続で60分まで利用が可能。接続の操作ができるのは1日3回まで。

そのため、1日にWi-Fiを利用できるのは最大で3時間までとなる。

 

また、「混雑時は90分まで」という案内も貼り付けされていた。

混んできたら店員さんから声が掛かる可能性もあるということだ。

 

f:id:RENSTA:20190626110048j:plain

ノートパソコンを置いてみる。大きさは12.5インチ。

左側に飲み物のグラス、真ん中にパソコン、右側に料理の皿という形で、横並びに置けるぐらいのスペースはあった。 

 

ボックス席はどんな人たちが利用しているか

ボックス席に座っている人は、周辺のオフィスで働いていると思われる人たちが大半を占めていた。

訪れたのが平日であることと、新橋がオフィス街であることが関係していると思われる。

休憩のために利用しているのであろう。

 

普通に食事をとるだけだったり、スマホを見ていたり、本を読んでいたりと、ボックス席での過ごし方は人によって様々だった。 

 

コンセントやWi-Fiが使える環境なので、パソコンで作業をしに来る人たちが多く集まるのかなと思ったけれど、休息をとるために過ごす人が多かったように見えた。

 

仕事中は色々と周りに気を遣うことが多くて、休憩の時は一人でいられる空間に入ってホッと一息つくことができていいのかなと、利用している人たちを見ていてそんな想像がはたらく。 

店内の混雑状況

午前中は空席が目立つ状況。

昼の12時を回った辺りから満席状態となり、1組から2組の順番待ちができることもしばしば。

一人席の区画がいっぱいになると、2人用のテーブル席にも一人で来たお客さんが利用しているのを見た。新橋は一人で来るお客さんが結構いるようだ。

 

仕事の休憩で来ている人たちが多いためか、食事などの用が済んだらさっさと会計を済ませる人たちもいて、ある程度回転しているように見えた。

13時を過ぎると、また空席が出始める。

以降、満席になるほど混む様子は見られなくなった。 

 

この日は90分の時間制が適用されることはなかった。 

 

[追記]

10月6日(日)12時~14時に掛けてボックス席を利用。

日曜日は平日の時よりも空いている状況だった。

お昼時のピークである12時台も、1人用のボックス席、2~4人用のテーブル席ともに満席になるほどの混雑はなかった。

そのためか、この時も90分制が適用されることはなし。

 

土日の方が空いてて居心地がいい。

新橋駅周辺がオフィス街という特性を持っていることが関係しているのかもしれない。

感想

ガスト新橋店は、一人用の席数が多いおかげで一人でも入りやすい雰囲気だった。

店員さんの慣れた対応も、安心感を与えてくれて過ごしやすい要因に。

 

一人用の席が多かったためか、店内では静かに過ごせたのも良かった。

周りに座っている人たちもやはり一人で来ている人たちなので、話し声などでがやがやすることがなかったからだ。

 

仕切りによって周辺の様子が視界に入らなくなることで、パソコンなどを使った作業をする際はとても集中しやすい。

周りを意識しなくていいということで、リラックスすることができて、単純に休憩する時も適した空間になっていると思う。

 

作業をするにしろのんびりするにしろ、マイペースで過ごしたい時にはとてもいい環境なのではないかと思った。

 

参考になった記事

ガストに一人席が導入されていることについては、この記事を読んで知った。

table.skylark.co.jp

すかいらーくグループが特集している記事である。

一人席を利用している人のインタビューが載っていて、記事の最後に一人席を導入している店舗の一覧を確認することができる。

今のところは関東の店舗を中心に、複数の店舗で導入されているようだ。

  

記事には店舗ごとの一人席の席数も掲載されていて、都内にある新橋店と赤坂見附店が群を抜いて席数が多いようだ。

 

スポンサーリンク