RENブロ

飲食店や散歩に行った時のことを書いていきます。

江戸川区球場で高校野球を観戦。アクセス・入場料・売店などについてまとめてみた。東東京大会2回戦 板橋ー城東の試合

スポンサーリンク

 

江戸川区球場高校野球の観戦に行ってきた。

球場までのアクセスや入場料、売店等の設備のことを書いていく。

その後は球場内の様子や、観戦した試合の状況についても触れる。

  

2019年7月9日のこと。

この日は高校野球東東京大会の2回戦、都立板橋高校と都立城東高校との試合が行われた。

 

江戸川区球場の情報

両翼:90m

センター:118m

収容人数:4,000人

スコアボード:あり(センター方向に電光表示板を設置)

夜間照明:あり

売店:球場内にあり 

お手洗い:球場内にあり 

江戸川区球場のホームページ

https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e028/kuseijoho/gaiyo/shisetsuguide/bunya/sportsshisetsu/edogawakyujo/index.html

 

江戸川区球場は、高校野球の夏の大会・東東京大会で毎年使用されている球場のうちの1つ。

1回戦からベスト32ないしベスト16までの試合が、この球場で開催される。

ベスト8以降の試合は全て神宮球場で開催されるのが通例。

 

2019年の夏の大会では、7月9日~7月20日にかけて江戸川区球場でも試合が行われた。

 

グラウンドの広さは神宮球場(両翼:97.5m、センター:120m)よりもやや狭く、神宮第二球場(両翼:91m、センター:116m)と同程度といったところ。

 

江戸川区球場の最寄り駅・アクセス

f:id:RENSTA:20190713100448j:plain

住所:〒134-0088 東京都江戸川区西葛西7丁目2−1

東京メトロ東西線西葛西駅』南口から徒歩5分

 

最寄り駅の西葛西駅から球場までは、徒歩圏内の距離でアクセスは良好。

 

球場の近くにはコンビニエンスストアがあるので、予め飲み物や食べ物などを買っておくことができる。

ファミレス等の飲食店が駅から球場にかけて点在しており、観戦前後に食事を済ませるといったこともできる。

 

 

江戸川区球場の入場料・入場券売り場

●入場料

一般:800円

学生:500円

中学生以下:無料

入場料に関しては、高校野球東東京大会・西東京大会で開催される全ての球場で共通の料金となっている。

 

●入場券売り場

f:id:RENSTA:20190713100530j:plain

入場券売り場は、球場の外のバックネット裏方向にある入口付近に、窓口が1箇所設置されている。

売り場には順番待ちの列が出来ていた。

 

窓口は1箇所だけなので、対戦する高校の組み合わせ次第では、さらに長い列ができることも考えられる。 

 

ちなみに窓口での入場券販売の対応や、球場内に入る際の入場券の半券切りは、それぞれ大会に参加している高校生たちが行っていた。

神宮球場へ観に行った時には、こういったことは球場のスタッフの人たちがやっていたと思うけれど。

高校野球の大会は、高校生たちにも支えられて成り立っているんだなあと。

 

江戸川区球場売店

f:id:RENSTA:20190713100612j:plain

売店は球場内の2階にある。

2階から一塁側スタンド方向に向かって歩くと、売店が設置されているのが見える。

 

売店では焼きそば、おにぎり、カップヌードル、菓子パン、菓子類、アイス、アイスコーヒー、ペットボトル飲料、缶飲料、酒類を扱っていた。

 

値段はコンビニと比べると全体的に割高に設定されている。

それでも、神宮球場で販売されている商品の値段と比較すれば、だいぶ安い方ではあるのだが。

 

尚、座席を回って販売する売り子さんはいないので、必要ならばこの売店を利用するか、予め球場の外で買って用意するかということになる。 

 

実は売店の存在に気が付いたのは試合を見終わった後のことだったので、今回は何も買わず。 

 

やきそばが250円だったので買って食べたかったな。

何の装飾もないパックに詰められただけのシンプルな焼きそばを、外の空気を感じながら味わって食べられることが、結構楽しかったりするし。

カップヌードルも250円で売っていたけど、もしかしたらこの球場で食べるカップヌードルって美味しいんじゃないかなとか思ったり。

 

f:id:RENSTA:20190713100653j:plain

販売をやってくれているのは、地元の人たちだろうか。

売店は全体的に素朴な雰囲気がすごく出ていて、これはこれで味わい深いものを感じる。

 

f:id:RENSTA:20190714181252j:plain

売店のさらに奥へ行くと、自動販売機もある。

球場内に設置されているものながら、定価で販売されている。

なんだかとても良心的に思えてくる。

というのも、プロ野球チームが使用するような規模の球場に入ると、自動販売機で売っている飲み物は500mlのペットボトル飲料が1本250円とか、定価より高い価格に設定されていることがあるからだ。

球場内の様子

f:id:RENSTA:20190713100735j:plain

3階まで上がると、座席の並ぶスタンド内に入ることができる。

座席はバックネット裏を起点に、一塁側と三塁側のそれぞれのスタンドへ続いていくような形で並ぶ。外野席はない。

全席が自由席となっている。

 

球場入りしたのは試合開始の15分前だったが、席は所々空きがあって、好きな場所を選んで座れそうな状況だった。

 

ちなみに一塁側と三塁側の席は、金網の高さが低いので、試合中の打球が飛び込んできやすい。プレーが掛かっている最中はよそ見をしない方がいい。

バックネット裏の席は防球ネットがしっかり張られているため、小さいお子さん連れで入る場合など、特に安全に配慮する必要がある場合には、その席に座ることをお勧めする。

 

f:id:RENSTA:20190714182859j:plain

選手たちがプレーするグラウンドの様子。

内野は土、外野は天然芝の環境となっている。

球場の周辺は、大きな集合住宅が立ち並ぶ様子が見られる。

f:id:RENSTA:20190714182924j:plain

スコアボードは、電光表示型のものがセンター後方に設置されている。

予選の大会では各選手の名前は表示されず、ポジション番号のみが打順順に表示される。

ピッチャーの球速を表示する機能は設けられていない。

 

f:id:RENSTA:20190714185932j:plain

三塁側は都立板橋高校。

板橋は昨秋、今春と続けて都大会の本選に出場。

今春はその本選で1勝し、徐々に成績を上げている高校だ。

 

スタンドには応援をする野球部の部員たちの他に、保護者の人たちや野球部のOBと思われる人たちが応援のために集まって賑やかだった。

 

俺もこの三塁側の席に座って観戦することに。実は母校だったりするので。

 

f:id:RENSTA:20190714185914j:plain

一塁側は都立城東高校

1999年と2001年の夏に東東京大会を制し、甲子園に出場した実績のある高校だ。

昨秋の都大会ではベスト8に進出しており、今年も上位進出が期待される強豪校である。

部員数は100人を超える。

スタンドにはユニホームを着た野球部員たちや、応援Tシャツを着た人たちがたくさん集まり、城東カラーが全面に出ていた。

大人数で一体感もあって、見た目からして強そう。

板橋ー城東の試合を観戦

f:id:RENSTA:20190714184900p:plain

試合は両校のエースが先発。

左側は板橋高校の黒岩君(3年)、右側は城東高校の原川君(3年)。

試合は投手戦となり、1点を争う好ゲームが繰り広げられた。

 

f:id:RENSTA:20190714185514j:plain

2-0で板橋高校がリードして迎えた8回表、城東高校の攻撃。

代打で出てきた関根君がソロホームランを打って2-1とする。

 

江戸川区球場は試合中にホームランが出ると、電光表示のスコアボードを使って「HOME RUN!!」の表示をする演出がある。

 

それにしても、城東の選手層の厚さを思い知らされる場面だった。

ベンチに控えていた選手からホームランが出てくるのだから、

部員100人以上の中から選ばれた20人の選手たちだもんな。  

 

f:id:RENSTA:20190714185538j:plain

その後は板橋高校が後続を断ち切ってリードを守り切り、ゲームセット。

強豪校を撃破したのであった。

 

youtu.be

試合終了の瞬間の動画。

最後は城東のバッターが右中間に上げたフライを、板橋のライトがセンターと交錯しそうになりながらも捕球してアウトを取った。

 

城東の応援の迫力がすごかった。

負けたら3年生たちは引退だし、必死さが伝わってくる。

 

f:id:RENSTA:20190714185604j:plain

試合終了後は整列。 

 

試合に勝った板橋の選手たちの方が泣いていた。

応援に来ていた人たちも。

そして俺も。

 

板橋側のスタンドは感動の涙を流す人たちで溢れていた。

まさかこんな状況に立ち会えるとは思わなかった。

 

とても感動的な試合をありがとう。

 

f:id:RENSTA:20190713100825j:plain

f:id:RENSTA:20190713100827j:plain

板橋高校の黒岩君の投げっぷりは見事だった。

球威、制球力共に優れ、打たせて取るピッチングで城東高校の打線からゴロやフライを量産して得点を許さなかった。

そんな黒岩君の好投に、周りの選手たちもしっかりとした守備で応えていたのが印象的だった。 

 

f:id:RENSTA:20190714184703j:plain

球場の外に出ると、入場口付近にスコアを記載したホワイトボードが設置されていた。

本当に板橋が城東に勝ったんだなあと、改めて実感する。

 

まとめ

f:id:RENSTA:20190714210650j:plain

江戸川区球場は駅から近くてアクセスが良く、球場付近には買い物ができそうなお店が揃っているし、球場内にも売店があるので、気軽に観戦できる環境の整っているところだなと思った。

 

今回の夏の大会の他にも、秋季や春季の都大会の試合も開催されることがあるようだ。

 

今後もこの球場で大会の試合が開催されることがあれば、母校の試合に限らずまた足を運んでみたいと思った。

 

神宮球場で準々決勝を観戦した際の記事もある。

観戦しに行く機会があれば、こちらもよければ参考に。

スポンサーリンク