RENブロ

聖地巡礼や飲食店に行ったことなどを書いています。

港の見える丘公園にあるカフェ。横浜『ティールーム霧笛(むてき)』でブレンドコーヒーとかぼちゃケーキをいただいてきた。

f:id:RENSTA:20200504065544j:plain

横浜の『ティールーム霧笛(むてき)』というカフェで、コーヒーとかぼちゃケーキをいただいたという話。

 

足を運んだのは2020年2月23日日曜日。

この日は妹と共に横浜界隈を散策。

昼は横浜中華街にあるお店でランチをする。 

www.renstablog.net

 

その後は徒歩で「港の見える丘公園」まで移動し、今度はティータイムにしようということに。

今回入ったお店は、この公園内にあるカフェだった。 

 

この記事では、港の見える丘公園の様子、店内の様子、感想などについて書いていく。 

 

港の見える丘公園について

f:id:RENSTA:20200504055133j:plain 

「港の見える丘公園」は文字通り、高台から港の風景を望むことのできる公園だ。

公園内の高台まで上がると展望台があり、港の風景を広範囲に見渡すことができる。

この日は天候が良く、港の奥側にある横浜ベイブリッジまでよく見えた。 

 

今回立ち寄った『ティールーム霧笛』も、この高台へ上がった所にある。 

なので、公園に入ったら展望台のある高さまで上っていく必要がある。

 

中華街から歩いてきた我々は、公園に入ったら階段を上って展望台までやってきた。

階段は段数が多くて一気に上がることは難しく、途中で休憩を挟みつつなんとか。 

徒歩で向かうとなかなかの運動量になる。

 

電車の駅からだと、歩いて向かう時の負担がいくらか軽減できる。

みなとみらい線の『元町・中華街駅』が最寄り駅で、6番出口(アメリカ山公園口)が港の見える丘公園に最も近い出口。 

6番出口は高い位置にある出口で、ホームからエレベーターもしくはエスカレーターで移動できるので、高台まで歩いて上る距離が短くなるためだ。

 

f:id:RENSTA:20200504055157j:plain

展望台からさらに奥へ進んだ所には、バラの花壇や噴水がある。

その噴水の向こう側にある洋風の建物が、ティールーム霧笛のある場所だ。

ティールーム霧笛の外観

f:id:RENSTA:20200504055258j:plain

ティールーム霧笛の前へ。

一目でカフェと分かるような派手な看板や装飾は無いけれど、テーブルと椅子が並んでいるのを見て、なんとなくここがカフェかな?という感じで目に留まった。

  

カフェは「大佛次郎(おさらぎじろう)記念館」という展示施設に併設されたものである。

記念館とカフェの入口は別個になっているので、カフェのみの利用もできる。

 

また、店名となっている「霧笛」は大佛次郎の小説タイトルにちなんで命名したものらしい。

参照URL:大佛次郎記念館|ティールーム霧笛

http://osaragi.yafjp.org/tearoom_muteki/

 

f:id:RENSTA:20200504055322j:plain

近くまで行くと、明朝体の「霧笛」の文字がやけに際立って見える。

装飾があまり無いからなのか。視線が文字の方へ誘導されていくみたいだった。  

シンプルだからこそどんな様子か気になって、目の前に来て確かめたくなるのかもしれない。 

 

f:id:RENSTA:20200504055336j:plain

営業中の札が出ていて、どうやら中に入れそう。

階段を数段上がった所に入口の扉がある。

 

あまり混んでないといいのだが。

店内に入ってみることに。

店内の様子

f:id:RENSTA:20200504055401j:plain

入店すると、席にはまだ余裕がある状況だった。

店員さんから空いている席へどうぞといった形で案内を受ける。

 

入口はこんじんまりとしていたけれど、中に入ると案外奥行きがあるなという印象。

且つ入る前は格式高そうな雰囲気を想像していたが、実際に入ってみると親しみやすさの感じられる内装だった。

 

座席は店の奥にカウンター席が数席。

他は4人掛けのテーブル席や、まとまった人数の座れる大きなテーブル席が並んでいる。

  

f:id:RENSTA:20200504055423j:plain

店内の写真をもう一枚。

窓際にあるテーブル席は、窓から港の風景を望むことができるようだ。

 

また、店内では雑貨の商品の販売も行われている。

お店の入口を入ってすぐの所に、猫の絵柄の雑貨が棚に並べられているのを見掛けた。

 

f:id:RENSTA:20200504055502j:plain

着席しているテーブルに置かれていたポップ。

ブレンドコーヒーとのセットで、ポップに書かれているかぼちゃケーキを頼んでみることにした。

ブレンドコーヒー&かぼちゃケーキの感想

f:id:RENSTA:20200504065522j:plain

・ブレンドコーヒー550円(税込)

・かぼちゃケーキ330円(税込)セットの値段。単品は550円(税込)。

 

食器の絵柄が展示品みたいにオシャレ。

 

f:id:RENSTA:20200504055532j:plain

コーヒーは苦味が際立つ特徴の味。

酸味はあまり感じなかったと思う。

 

コーヒーは苦い味を好む俺としては、このコーヒーの味は好きな部類に入る。

甘い物を食べたら苦い物が欲しくなるので、デザートとの相性はいいと思った。

 

あとは香りが濃厚。

たくさん歩いてそこそこにエネルギーを費やしていたので、コーヒーの香りを鼻に通した時にはかなり癒された。

 

f:id:RENSTA:20200504055548j:plain

かぼちゃケーキは、外側はほどほどに弾力のある生地。

内側は柔らかく、口に運んだ時に滑らかな食感が広がっていく。

 

かぼちゃを使用していることもあってか、甘さはほんのりとした感じ。

さっぱりとした味わいで食べやすい。

 

食べやすいので一気に食べ進めてしまいそうになるが、大事大事に、フォークで少しずつ切って口に運ぶ。

 

そして合間にコーヒーを飲むと「く~~っ!堪らん!」となる。

良いティータイムになっているというわけで。

創作性に富むテーブルの置物の数々 

f:id:RENSTA:20200504055600j:plain

砂糖の入った器。

展示施設に併設されているからなのか、テーブルにある入れ物、置物も創作性に富んだものが揃う。

 

f:id:RENSTA:20200504055447j:plain

テーブルに置いてあるこの札の絵は、どうやら切り絵らしい。

カフェのスタッフの人が、カッターで切り出した手作りなんだとか。

 

このケーキも美味しいんだろうな、とお店に行った当時はそんな感じで見ていたくらいで気付かず。

記事を書く時に、お店のホームページを見て初めて知った。

こりゃあすごい。

霧笛に来たら、こういう手作りの要素もあるので必見。

 

お店の中はこういった見どころがあって楽しい。

内装もゆったりくつろぐことができる空間になっていて、良い休憩時間になった。

階段を頑張って上ってきた甲斐はあったなと。

 

f:id:RENSTA:20200504055516j:plain

自主的にぬいぐるみの置物を設置して一枚。

お店の情報

・住所

〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町113

・アクセス

みなとみらい線『元町・中華街駅』6番出口(アメリカ山公園口)から徒歩8分

JR根岸線『石川町駅(元町・中華街)』南口から徒歩20分

・営業時間

10:30~18:00

・定休日

月曜

※月曜祝日の場合は翌日が休み

・大佛次郎記念館ホームページ

http://osaragi.yafjp.org/