RENブロ

聖地巡礼や飲食店に行ったことなどを書いています。

東京駅地下街のレトロな喫茶店『アロマ珈琲八重洲店』で、ホットケーキとコーヒーのセットをいただいてきた。

f:id:RENSTA:20200121192140j:plain

東京駅の地下街にある喫茶店『アロマ珈琲八重洲店』へ行ってきたという話。

 

足を運んだのは2020年1月11日土曜日。

 

お店の中は、昭和の雰囲気が漂うレトロな喫茶店。

このお店でホットケーキとコーヒーのセットをいただいてきた。

お店の外観

f:id:RENSTA:20200121191848j:plain

アロマ珈琲八重洲店の入口。

 

JR『東京駅』の八重洲地下中央口改札から出て、その先にある八重洲地下街の中をひたすら真っすぐ進んで行くとお店がある。 

東京駅の地下街ってこんなに先まで続いているのかと気付かされるほどに、JRの改札からどんどん離れていくような場所だった。

 

ここまで来ると、地下鉄の『日本橋駅』や『京橋駅』といった他の路線の駅にも近くなってくる。

また、かなり混雑していた改札付近と比べて人通りはだいぶ落ち着いていた。

店内の様子

f:id:RENSTA:20200121192212j:plain

店内へ。

サイフォンなど、コーヒーを入れる道具がいっぱい並べられている。

実際、コーヒーはサイフォンで入れたものを提供してくれるらしい。

 

座席はお店の人から4人用のテーブル席に案内してもらった。

この日は妹と2人で来店。

妹の勧めでこのお店にやってきたのだった。

 

f:id:RENSTA:20200121192244j:plain

テーブルもイスもレトロなデザインだ。

喫茶店らしい雰囲気が感じられて、こういったデザインが見られると楽しい。

予約もできるのだろうか、空いているテーブルには札が置かれていた。

 

座席はこじんまりとした大きさ。

それでもテーブル同士の距離は程よく間隔が空いていたため、座っていて狭苦しさはあまり感じなかった。

 

また、分煙はされておらず、各テーブルには灰皿が設置されている。

俺は吸わない人だが、店内は煙がモクモクとこもっていたわけではなかったので、特に煙を気にすることもなく滞在できた。

 

f:id:RENSTA:20200121192309j:plain

座席の様子をもう1枚。

お店に入ったのは午後1時前。

この時間帯はお客さんがそれなりに入っているが、満席というほどではない。

店内はそれなりに落ち着いている印象だ。

 

東京駅の改札付近の混雑から離れて休憩したい時には、もってこいの場所かもしれない。

ホットケーキとコーヒーをいただく

f:id:RENSTA:20200121192346j:plain

ホットケーキとコーヒーのセット750円(税込)

今回はこちらを注文。

ホットケーキとコーヒーは一緒に運ばれて出てきた。

 

「ホットケーキ」という名前自体が、もはやレトロなニュアンスになってきているような気がする。

今だったら「パンケーキ」の方をよく目にすると思うし。

 

見た目もどこか懐かしさを感じさせるような、やっぱりレトロ。

 

f:id:RENSTA:20200121192412j:plain

ホットケーキをいただく。

あったかくて、中はふわふわしていている。

生地はほんのり甘い香り。

 

上に乗っているバターは塩味が効いていて、生地の甘みを引き立てるような良いアクセントとなっている。

 

ちなみにメープルシロップも付いてきて、お好みでかけて食べることができる。

シロップをかけて生地に染み込ませると、生地の甘みと相まってまた美味しいんだよね。

 

f:id:RENSTA:20200121192440j:plain

ホットコーヒーは香りが濃厚。

しっかり苦みも効いてて美味しかった。

くどさはなく、すっきりとした味わいでもある。

ホットケーキと苦いコーヒーの組み合わせは最高である。

 

この日はコーヒーのお代わりを1杯サービスしてもらった。

店員さんがコーヒーの入った容器を持ってきて、「お代わりはいかがですか?」と勧めてくれたのだ。

グラスに水を追加してくれるのかな?と思いきや、まさかのコーヒーだったもんだから驚いた。

 

750円でコーヒーを1杯お代わりできるというのは、なかなかコスパが良いのでは。

メニュー表

f:id:RENSTA:20200122215900j:plain

コーヒーのメニュー表。

写真ぶれちゃっててすみません。

コーヒーはサイフォンで入れていることがはっきり書かれている。

また、コーヒーだけでも種類が色々ある。

種類ごとの苦みと酸味の強さが図で表されているので、自分の好みのコーヒーを選ぶのに役に立ちそうだ。

 

f:id:RENSTA:20200122215720j:plain

他のドリンクや軽食類のメニュー表。

こちらも写真がぶれてしまっている。

今回注文したホットケーキのセットは、このメニューから見つけた。

左下にあるケーキセットの中に含まれていた。

ホットケーキもケーキセットに該当するんだよなと、注文する時は恐る恐るだったけど、問題なくできた。

 

f:id:RENSTA:20200122215737j:plain

トーストやサンドイッチのセットメニューもある。

今回は注文しなかったけれども、喫茶店ならではの味というのが期待できそう。

 

f:id:RENSTA:20200122220009j:plain

お店の外にはモーニングメニューの案内もあった。

モーニングの時はセットのドリンク代がプラス100円になっていて、日中の時よりもお得な値段設定となっている。

土日でも朝7時台から営業しているのはすごいな。

そのうえ昼の12時までモーニングの営業はやっていて、時間が長めに設定されているように思える。

モーニングの利用はしやすそうだ。

 

営業の開始時間が早いのは、やっぱり東京駅に近いことが関係しているのだろうか。

電車が朝早くから動いているから、乗客の人たちが利用しに来るのかな。

まとめ

休憩をしたい、レトロな雰囲気の喫茶店に気軽に入ってみたいという時には良い場所なのではないかと思った。

 

店内の様子も出てきたメニューもレトロな雰囲気。

「喫茶店」っていう雰囲気を存分に味わえていいなと思った。

 

東京駅の改札から比較的離れた場所ということもあってか、混雑はある程度落ち着いているような印象だった。

お客さんの出入りは頻繁にあったが、順番待ちができるなど極端に混む様子は見られなかった。

 

そのため、終始ゆったりくつろぎながら、注文したメニューを味わうことができた。

 

この雰囲気で、ホットケーキとコーヒーのセットが750円というのは十分にコスパがいいと思う。

たまたまだったかもしれないが、お代わりのサービスもあったし。

 

東京駅の改札付近は曜日を問わず混雑していることが多く、休憩できそうなカフェ等も混雑していて座れないことがしばしば。

しかし、ちょっと離れた場所まで足を運べば、人の出入りが落ち着いててゆったりできる場所もあるんだなと。

八重洲の地下街は、ちょっと落ち着いた場所で一息つきたい時にはぴったりな場所で、また足を運んでみたいと思った。

お店の情報

・住所

〒103-0028 東京都中央区八重洲2−1

 

・アクセス

JR線『東京駅』八重洲地下中央口改札から徒歩5分

東京メトロ東西線・銀座線『日本橋駅』B3出口から徒歩5分

東京メトロ銀座線『京橋駅』7番出口から徒歩5分

都営地下鉄浅草線『日本橋駅』D3出口から徒歩10分

 

・営業時間

[月~金]6:30~21:30

[土]7:00~21:00

[日・祝]7:30~21:00

 

・お店のホームページ

https://www.aromacoffee.co.jp/