RENブロ

聖地巡礼や飲食店に行ったことなどを書いています。

千駄ヶ谷でくつろぎのティータイム。『喫茶室ルノアール千駄ヶ谷駅前店』でハニーフレンチトーストとルノアールブレンドをいただいてきた。

f:id:RENSTA:20200531184109j:plain

『喫茶室ルノアール千駄ヶ谷駅前店』で、ハニーフレンチトーストとルノアールブレンドをいただいてきたという話。

 

足を運んだのは2020年3月7日土曜日。

 

「ルノアールのフレンチトーストが美味い」と、かねてより妹から耳にしていた。

それでも当初はなかなかすぐには動こうと思わず。

 

喫茶室ルノアールはチェーン店で、都心であれば電車でどの駅に降りてもあるようなイメージ。

なので「いつでも行けるだろうから、まだいいかな」という感覚だったのと、他のチェーン店と比較して「値段が高い」ということもあって。

  

ある時、千駄ヶ谷にもルノアールがあることを知ったことから、行ってみようと思い立つ。

千駄ヶ谷の近辺は、特にイベントごとでもない限りは、基本的に極端な人混みもなく落ち着いた場所である。

 

そういう場所にあるお店ならば、適度に空いててのんびりくつろぐことができるのではという期待が持てたので、重たい腰が持ち上がる動機となった。

 

最寄駅はJR千駄ケ谷駅

f:id:RENSTA:20200519215038j:plain

黄色い帯の電車こと、JR中央・総武線の電車が停まる駅である。

駅の出口は一箇所だけ。

 

ルノアール千駄ヶ谷駅前店は、この千駄ケ谷駅から徒歩で3分程度の場所にある。

 

また、都営地下鉄大江戸線『国立競技場駅』も千駄ケ谷駅のすぐ近くにあり、こちらも最寄り駅の一つである。

お店の外観

f:id:RENSTA:20200519215149j:plain

店舗は1階にあり、横長で幅の広い構造。

ルノアールの看板も大きく横に広がっていて、やけに目立つ。

 

他のルノアールの店舗と比較すると、かなり堂々と主張しているような。

今まで見掛けたことがあった店舗は、地下と雑居ビルの上の階とか、だいたいどこかの奥に潜っている所ばかりだったので。

 

しかしながら、千駄ヶ谷のお店を初めて見た時は「こんな所にもルノアールがあったのか?」という印象だった。

勝手な想像ながら、このお店もある意味ずっと潜っていたなと。

 

というのも、JR千駄ケ谷駅から行ける主な施設としては、国立競技場、東京体育館、新宿御苑、神宮外苑などが挙げられるが、こちらのルノアールはいずれの施設へ向かう経路とも重ならない場所にある。

それぞれの施設からお店までの距離は、決して遠くはないのだが。

 

詰まるところ、千駄ケ谷駅を降りてからあまり歩いて行かない場所にお店があって、今まで気が付かなかったわけで。

 

お店があることに気が付いたのは、以前この近くにある居酒屋さんへ飲みに行った時にたまたま目の前を通ったことから。

それでこの日に改めて足を運ぶという流れになった。

 

f:id:RENSTA:20200519215210j:plain

店頭にはメニューの写真が設置されている。

ケーキやサンドイッチ、そして今回のお目当てのフレンチトーストも提供されていることが確認できたので、入店してみることに。

店内の様子

f:id:RENSTA:20200519215225j:plain

入店するとかなり空いている状況で、店員さんからの案内があって席は選んで座ることができた。 

店内は基本的にテーブルと椅子の座席が配置されているが、奥側に一箇所だけ幅の広いソファー席があり、とてもくつろげそうな感じだったのでそこに座ってみることに。

 

お店に入ったのは14時頃で、当時は新型コロナの影響が多少はあったと思うけど、ずいぶん落ち着いていた。

 

ちなみに千駄ケ谷駅を出てすぐの所にある「エクセルオールカフェ」は、満席近くになるほど混雑している状況。

こちらの方は駅やその周辺の施設とのアクセスが便利ということもあって、日中はよく混雑している様子を見掛ける。

 

それと比較すると、千駄ヶ谷のルノアールは結構空いてて穴場なのでは?と思ったり。

  

尚、店内の座席は禁煙席、喫煙席とでエリアが分かれている。

我々が座ったのは禁煙席のエリアだ。

 

また、現在の喫煙席は加熱式タバコ専用になっている模様。

2020年5月31日に店舗のホームページを見て確認。

 

メニュー表と注文する内容

f:id:RENSTA:20200519215240j:plain

メニュー表はテーブルの端に設置されている。

表記されている価格はすべて税込価格だ。

 

ちなみに価格は店舗によって異なるようだ。

公式サイトではお店にあったメニュー表が公開されているが、価格の欄が空白となっている。 

 

実際の数字を確かめるため、食べログで新宿にあるルノアールの情報も開き、一般の人が掲載していたメニュー表の写真を見て比較してみたところ、千駄ヶ谷駅前店の方がお安く設定されていることがわかった。

 

f:id:RENSTA:20200519215253j:plain

ケーキとかトーストのメニューも。

店頭に写真が出してあったメニュー以外にも、メニュー表を開いて初めて分かるようなものが色々載っている。

 

今回は以下のメニューを選んで注文することに。

・ハニーフレンチトースト690円

・ルノアールブレンド590円

・セットの値引き-200円

合計1,080円

ハニーフレンチトーストは、飲み物も一緒に注文すると200円引きとなる。

値引きがあっても、やっぱりいい値段はするんだけどな。

ハニーフレンチトーストとルノアールブレンドの感想

f:id:RENSTA:20200519215332j:plain

ハニーフレンチトースト

はちみつの味がしっかり染み込んだフランスパンのトーストだ。

上には苺のソースがかかっていて、生クリームとバニラアイスが脇を固める。

トーストは温かい状態で出てきた。

 

f:id:RENSTA:20200519215351j:plain

トーストの生地はふわっとしつつ、しっとりとした柔らかい食感だった。

苺のソースとの相性も良い。

美味いぞこれ。

 

温かいトーストと冷たいバニラアイスを一緒に食べると、なんだかそれだけで贅沢な気分にもなる。

 

どの食材の味も食感も丁寧に仕上がっている様子で、全体的に高級感のある味わいだった。 

 

f:id:RENSTA:20200519215312j:plain

ルノアールブレンド

コーヒーは苦味がしっかりと主張していて、香りがとても濃厚。

一緒に頼んだフレンチトーストが甘みのある食材を何種類も使っていることもあって、後からコーヒーを飲むと苦味がガツンと来るような感じがしてたまらなかった。

 

甘ったるさを中和して、良い形に引き締めてくれる。

コーヒーとフレンチトーストの相性は個人的には良いと思う。

どちらも最後まで美味しく味わうことができた。

 

f:id:RENSTA:20200519215635j:plain

食後には温かいお茶をサービスで出してもらった。
そういえば、ルノアールはこういうサービスがあったんだっけ。

 

甘いのと苦いのとで、そこそこ主張のあったものを味わった後だと、とても落ち着く。 

最後に

お店に滞在中は後からお客さんが多少入ってきたけれど、満席になるほど混雑することはなく、最後までゆったりまったり過ごすことができた。

 

行く前の当初に期待していた通り、のんびりくつろぐことができたなと思う。

 

値段が値段なので足しげくというわけにはいかないが、たまに贅沢をしたい時や落ち着いた空間でのんびり過ごしたい時には、千駄ヶ谷のルノアールは適した場所ではないかと思った。

 

新宿御苑を散策した後とかに、休憩がてらまた行ってみたいものだ。

お店の情報

・住所

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目30−8 ダヴィンチ千駄ヶ谷 1F

・アクセス

JR線『千駄ケ谷駅』から徒歩3分

都営地下鉄大江戸線『国立競技場駅』A4出口から徒歩3分

東京メトロ副都心線『北参道駅』1番出口から徒歩10分

・営業時間

[月~土]7:30~22:00

[日・祝]8:00~22:00

・お店のホームページ

https://www.ginza-renoir.co.jp/shopsearch/shops/view/30