RENブロ

聖地巡礼や飲食店に行ったことなどを書いています。

つつじが丘の街の喫茶店『珈琲焙煎SAKAMOTO』でブレンドコーヒーとショートケーキをいただく。

f:id:RENSTA:20200302084241j:plain
 

コーヒーとケーキをいただいてきたのですが?

 

つつじヶ丘にある喫茶店『珈琲焙煎SAKAMOTO』へ行ってきたという話。

 

足を運んだのは2020年2月8日土曜日。

 

この日は連れと共に、京王線に乗ってお出かけ。

つつじが丘駅にやって来て、休憩をするために近くのカフェを探そうということに。

 

駅前にあったカフェやコーヒーショップを覗いてみたものの、軒並み満席。

時刻は15時を回った頃。

丁度お茶をしに来る人たちが多く集まって混雑する時間帯であったためか、すんなりとは見つからず。

 

駅前で見つからないなら、少し離れた所へ行って探してみようじゃないか。

連れからそんな提案があって、それならばと歩いて別のお店を探してみることに。

 

初めて来た場所で闇雲に歩いて見つかるものかどうかと、俺がグーグルマップで喫茶店を検索してお店が出てきたタイミングと、連れが喫茶店の看板を見つけたのはほぼ同じタイミングであった。

 

お店の外観

f:id:RENSTA:20200219190448j:plain

「あ、なんか珈琲って書かれた看板がある!」

と言って見つけたのがこのお店である。

京王線の『つつじヶ丘駅』北口から迷わず歩いて行けば、3分ほどで着く。

 

駅からそれほど遠く離れた場所ではないのだが、周辺はとても静かでひっそりとしていた。

 

f:id:RENSTA:20200219190512j:plain

店頭には『珈琲焙煎SAKAMOTO』と書かれた木製の看板が設置されている。

お店の入口は、この看板の奥にある階段を上がった先の2階にある。

 

f:id:RENSTA:20200219190537j:plain

お店の入口。

階段を上がって右手側に扉がある。

やや奥まった感じの造り。

 

今思えば、メニューの値段もよく見ずによくそのまま入ったものだと思う。

その時は不思議と入りにくさというのをあまり感じなかった気がする。

なんとなく親しみを感じさせるような、きれいに整った外観だったこともあって。

店内の様子

f:id:RENSTA:20200219190558j:plain

内装は木製のものが随所に配置され、暖かみのある印象。 

照明の明るさは抑えられており、大人っぽさも感じる雰囲気となっている。

 

お店に入ると、カウンターにいたマスターのおじさんがすぐに席へ案内してくれた。

テーブル席は全て埋まっていたため、カウンター席に二人並んで座る。

 

しばらくしてからカウンター席のすぐ後ろのテーブル席が空いたため、マスターの案内でそこに移動させてもらった。

気を利かせてくれてありがたい。

  

マスターは綺麗にまとまった口髭をたくわえていて、喫茶店らしい感じの服を身にまとっている。

絵に描いたような喫茶店のマスターといった出で立ちの人だった。 

 

f:id:RENSTA:20200219190706j:plain

カウンターの様子を一枚。

カウンターの奥には、コーヒーを淹れるための器具が横一列にたくさん並んでいるのが見える。

ドラマとか映画に出てきそう。 

コーヒーとケーキをいただく

f:id:RENSTA:20200219190732j:plain
コーヒーとケーキを注文することにした。

セットメニューはなく、それぞれ単品での注文となる。

 

f:id:RENSTA:20200219190757j:plain

スペシャルブレンドコーヒー600円(税込)

オシャレな絵柄のカップが出てくる。

それだけに、写真がちょっとブレてしまったのが惜しい。

喫茶店に行くと、カップの絵柄を眺めるという楽しみもあるよね。 

 

コーヒーは濃厚な香りと苦味が広がって美味い。

鼻の中をす~っと、コーヒーの香りが通り抜けていく感覚が心地良い。

苦味の後にはほのかに酸味もあって、全体的にはまろやかな口当たり。

 

f:id:RENSTA:20200219190821j:plain

ショートケーキ450円(税込)

ケーキも美味い。

苺は甘く、クリームは滑らかで、生地はふかふかした食感。

それぞれの食材の本領を遺憾なく発揮してくれているような。

素晴らしきコーヒーのお供となった。

 

f:id:RENSTA:20200221205350j:plain

ダージリンティー600円(税込)

連れが注文したメニュー。

看板には“珈琲”と書いてあったけど、紅茶のメニューもある。

サーバーに入っていて、紅茶もきちんとしたものが出てくるんだなと。

紅茶は2杯分入っている。

 

f:id:RENSTA:20200219190844j:plain

コーヒー豆を挽くミルの模型がテーブルに設置されていた。

こういうオブジェがあると、コーヒーにこだわりのあるお店なんだなということがよく伝わってくる。

 

そういえば、ちょうど座っている席のそばにはコーヒー豆の商品が陳列されていたのを見掛けた。

店内飲食の他に、コーヒー豆の販売も行っているようだ。

その他、店内の様子

・分煙の有無

分煙はされておらず、全席で喫煙が可能。

タバコのことはあまり気にならずに利用できた。

近くに吸っている人はいたけど、店内に煙がこもることはなく。

 

・接客

マスターのおじさんの対応が親切。

初めて入っても、安心して利用することができた。

 

・混雑状況

満席になるほどの混雑はなかった。

なので、じっくりコーヒーとケーキの味を堪能することができた。

 

・利用しているお客さん

 一人で来ている人、二人組で来ている人がそれぞれいた。 

まとめ

どこか親しみの感じられる街の喫茶店という雰囲気のお店だった。

そしてマスターの穏やかな対応には安心感があり、全体的にゆったりくつろげる環境だったと思う。 

 

休息を取りつつ、じっくりと美味しいコーヒーとケーキを堪能することができた。

値段は他のお店と比較すると少々お高めの金額ではあるけれど、この環境とメニューの完成度ならば納得はできた。

 

これからも訪れる人たちの憩いの場として、美味しいコーヒーを提供し続けていってほしい。

お店の情報

・住所

〒182-0006 東京都調布市西つつじケ丘3丁目26−12

・アクセス

京王線『つつじが丘』駅北口から徒歩3分

各駅停車・快速・区間急行・急行が当駅に停車

・営業時間

10:00~20:00

・定休日

月曜日